FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

The opinion with a justice

2011年07月01日
7/14に上越で講演会をする。
講演名は

「歯科医療に必要な放射線生物学・防護 と がん歯科医療の最近のトピックス
-安心な歯科医療を提供するために-」


診療放射線って、

安全なもの?

危険なもの?

安全でかつ危険なもの?

それとも

危険でかつ安全なもの?

なぜ医療被曝に線量制限がないの?

どこかの本に
「放射線は危険だと思って扱うと安全なものになり、
安全だと思って扱うと危険なものになる」

って書いてあった気がする。
これって、ベクレルかシーベルトかキューリの言葉だった気がする。

やっぱり放射線は「危険なもの」として医療者は扱わないといけないんだと思う。。

西尾先生のコラム
ぜひ、みんなに読んでもらいたい。。。
関連記事
スポンサーサイト
仕事日記 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
たたきちさんへ(^^)
たいした内容ではなかったですが、先生の今後の診療にお役に立てれば嬉しいです。

歯科におけるエックス線撮影装置は医科のものに比べると格段に患者さんに優しい装置です。しかし、それを過信せず慎重に使用して頂くきっかけになったなら、なお嬉しいです。

また、先生が糸魚川にもいらっしゃる「がん歯科医療難民」の方々に対する糸魚川での人生を支える歯科医療のリーダー的存在になって頂けたらなんて贅沢ですよね(^^;

こんな私が先生方のお役に少しでもなれるのなら何なりとお申しつけ下さい!!
本日の講演ありがとうございました。我々歯科医師が、漫然と行っているレントゲン撮影について貴重なご意見頂き、明日からの診療に役立てたいと思います。私は糸魚川で開業しておりますので、今度は当支部でお教え戴ければ幸いです。
tosi-zoさんへ(^^)
お元気でやっていますか??
tosi-zoさんはストイックなので無理せずに頑張って下さいね。
口腔ケア学会ではお会いできなかったのは残念でした。

今回の講演は被曝についてがメインで時間があれば大久保先生とがんセンター総長との
連携事業の話を少ししようかなと。。。

多分、25年までには誰がするか分かりませんが、新潟県で具体的な話をする機会があると思います。
その時はお願いすると思います。

また、来年の3月に「新潟・自家幹細胞移植研究会」での講演があります。
この時に「有害事象予防と口腔ケアとの関係・口腔ケアの有効性」の話をしようかと考えています。
この時にはサンプルお願いするかもしれません。その時はお声掛けしますので、よろしくです(^^)/
No title
先生、いつも御指導賜りまして、誠に有難うございます。7月14日の上越での御講演の際、サンプルなど必要があれば、御指示下さい。何卒、宜しく御願い申し上げます。

管理者のみに表示