FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

口腔ケア学会 2011/06/18-19

2011年06月20日
2011年 口腔ケア学会は東京大学で。

まずは、正門からでなく、加賀藩 前田 斉泰にゆかりのある重要文化財の赤門を抜け、
P1020558.jpg

左にそびえ立つ、学会会場の全共闘・学生運動の象徴である安田講堂を目指す。

P1020571.jpg
全共闘後半の理念なき暴力にはうんざりだけど、
言論や論争の象徴だと思うと背筋がピリッとするような何とも言いようのない刺激を感じる。



僕の発表は
「放射線治療に伴う口腔乾燥症患者に対するCPP-ACPの根面う蝕予防効果」

がん治療の急性期副作用に躍起になっているこの学会で、あえて慢性期副作用の口腔ケアツールについての発表。

理由は急性期の副作用に口腔ケアが有効なのは誰もが疑わない事実
当然、標準化やオプションとしての新たなツールや方法の研究は今後も必要なんだろうけど、
そろそろ、慢性期、すなわち、
がん治療後、
いかに患者さんが快適な人生が送れるか、笑顔で過ごせるか、そう言う口腔ケアを考える時期に入ったんじゃないかなと言う提案も含めて発表

させてもらったつもり。。。

上手く伝わったかは分からないけど、伝わったなら作戦成功(^^)V

学会2日目に4人の衛生士さんから僕の発表について質問を受けたから80点にしておきましょうか(^^;

興味深い発表もいっぱいあった。
特に、僕の興味はラディカルスカベンチャー
今度、薬剤部に行って相談するつもり。

疑問に残る発表も幾つかあった。
特に、東大の発表。
移植前の抜歯についてだけど、彼らはどうも抜歯したくないらしい。
抜歯の必要のない歯は残すべきだけど、
たまたま感染源にならなかった少ない臨床経験から、抜歯不要と言い切るのはどうなんだろうか。
これは今後の症例の積み上げが必要だろう。
来年の口腔ケア学会はここを Point of Viewとした発表をしたいと思う。

そして、色々な出会いもあった。
特に、宮城県立がんセンターの U淵先生。
突然、声をかけられて驚いたけど、世の中は狭いもので親しくさせたもらっている元・宮城県立がんセンター、現・済生会病院 耳鼻科のH澤先生のお知り合い。
本当に東北人は元気がいい。
今度、飲みながら、がん歯科医療について語りあえたらなぁって思う。。
ヨロシクです(^^)/


6/18日の夕方は今回の発表で縁があったGCさんの本社と研究所見学。
P1020570.jpg
初めて見る企業の研究所。
再生医療も手がけている点には驚いた!!
そして、各専門分野がオープンなスペースに配置されていた点と隔月に開催される部門飲み会。
すばらしい研究環境と縦横の繋がり、羨ましいばかり。
これは後日紹介しようと思います。
関連記事
スポンサーサイト
学会日記 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
だいこんさんへ(^^)/
ボランティア医療は崩壊すると言っていたお偉い先生がいるけど、僕はそうでないと思っている。
その良い例が、MD Anderson Cancer Center!!

僕の中での支持療法

http://katsudent.blog13.fc2.com/blog-entry-52.html

間違っていたら言って下さいね!!
ありがとうございます
コメント有難うございました
恐縮です

支持療法って 格好良くない
でも そうじゃないと得られない喜びもあるから
それを知っている人しか できない、残れないと思います。

個人的には 患者さんの心に寄り添えるように、って思っています。

M渕先生は 仕事場でもM 家でもMの様ですよ(笑)
だからM渕で良いと思います。Sじゃあないですね。
Hがいいか?変態か?何でもアリみたいだし。面白いのにしましょう
だいこんさんへ(^^)/
形だけの医療と心がある医療。
口腔ケア、がんケア、決して格好良くはないし、患者さんの五感にはそうそう響かない。
だから、ケア(支持療法)って無難しい。
だからこそ、心に響くような努力が必要なんだと思っています。

すべての医療は患者さん中心。
ここだけはブレない様に頑張ります!!

M淵先生じゃなくU淵先生ですよね、すみませんでしたm( )mそれとも、S淵先生が良いでしょうか(^^;


いつか、一緒にお仕事が出来ればと思います。
ありがとうございました
こんにちは 口腔ケア学会お疲れ様でした。
今回先生とお会いできてよかったです。(M渕先生は文字通りマゾのようですよ笑)

ある発表について先生が感じたこと、私も共感しております。
口腔ケア、特に急性期の口腔ケアはこれから人気分野になると思います。大手?!の参入などなど…あるでしょうね。大手とはいえ後発な分、泥臭い部分はわからないでしょうね…それは患者さんや看護師さんなどには早いうちにバレると思います。

先生の様な長年取り組まれている方々がきちんと評価されるよう祈っておりますし、微力ですがお手伝いさせて下さい。よろしくお願い申し上げます。

管理者のみに表示