FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

粘膜炎マネージメント術 1;総論

2010年02月22日
これから
総論
口腔ケア(狭義の口腔ケア)
疼痛コントロール
栄養サポート
口渇緩和
出血の管理と口内炎への積極的な治療介入(薬物療法)

について述べていきます。

今回は総論です。

= 総ての支持療法で心掛けること =
上記の6項目は単独でなく総てが結びつく粘膜炎ケア(多分、支持療法総てが結びついていなくてはならないのでしょうが)が重要だと書いてあります(当たり前ですね)。
また、がん医療にはチームA,チームB、チームCの3チームが必要だと
MD Anderson Cancer Center は提唱しています。

理想的ながん医療の概念図
粘膜炎ガイドライン総論1

特に、病院という現場では患者さんを中心とした関係者(チームA,チームBに関連するスタッフ)の仕事の内容、現在の対応については知っていなければならない
MD Anderson Cancer Centerの腫瘍内科医の上野先生 も講演でおっしゃってました。

がん医療チームの職種・役割・目標
クリックすると拡大します。
     ↓

粘膜炎ガイドライン2

がん医療に限らずすべてのチーム医療の現場では、自分のチームの仕事の把握は最低限必要ですし、その他のチームの仕事の把握も当然必要なんだと思います。
すねわち、がん医療チームの一員になった場合、歯科医師だから治療は分からない、医師だから口腔ケアや看護師の仕事は分からない、看護師だから歯科衛生士だから栄養士だからではダメなのです。

円滑な情報共有のためには、チーム内カンファレンスだけでなくAとBの2チームによる合同カンファレンスは最低でも週1回のペースで必要だと僕は思いっています。

ちなみに僕の施設では頭頸部外科医・放射線腫瘍医・歯科医師・看護師・薬剤師(NSTを兼務)での合同カンファレンスを週1回のペースで行っています。
このチームに歯科医師である僕が参加できるようになったのは10年程前です。当時は「何で歯医者が?」って目で見られかなり辛かったですが今は我々の介入があるまで放射線治療は行われません(^^)V

そして、支持療法においては、患者さんが主観的に自分自身を評価し、医療者が客観的に患者さんを評価しなさいと書いてあります。
すなわち、患者さんに行っている支持療法について常に評価してもらい、継続か変更か常に考えなければならないという事なのだと思います。

次回は口腔清掃(狭義の口腔ケア)について述べたいと思います。


= 補足 =
合同カンファレンスが行われていない場合、すぐに合同カンファレンスを行うのは難しいでしょう。
しかし、情報の共有は行えると思います。
最近ではHIS等の電子カルテ方式の病院が増えていますので、その様なシステムの病院では比較的簡単に行えると思います(関係者にメールを送ればいいのですから)。
もし、無視され続けたら。。患者さんが不幸ですので、僕ならしつこく問い合わせます(^^;。

また、どんな様式でも良と思いますが、アセスメントシートと患者さんのセルフレポートシートを作成し、患者さんやチーム内で情報を共有することも大切です。そうすると支持療法がストレスなく行われる様になり、指示伝達不備による患者さんのストレスも減ります。
偉そうなことを言いましたが、僕の施設はケアプロトコールはあるのですが、アセスメントシートとセルフレポートシートがなく、夏までに試作品を作らなければと思っています(^^;
以前に紹介した、静岡県立がんセンターとサンスターさんが作成したマニュアル本の最後に参考になる簡略アセスメントシートがありますので参考にしようかと思っています。

スポンサーサイト



総論 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |