FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

自己紹介

2020年11月07日
10年以上前の話ですが、私は口腔がんの放射線治療を勉強したく歯学部卒業後約3年間、某医学部放射線科で放射線治療の勉強をさせて頂きました(その後も継続して約10年放射線治療にかかわらせて頂きました)。当時の私の師匠に当たる方は現在、某がんセンターで放射線部長をされています。
この3年間で、私の師匠は治療技術だけではなく、治療中や治療後のがん患者さんの副作用対策の大切さを教えくまれました。
同時期に、がん治療と平行して頭頸部がん患者さんの口腔ケアや歯科治療を行っていた現某国立大学歯科放射線科の教授と出会いました。私はこの教授の知識と人柄にすっかり惚れ込み、以来、歯科医師としてのがん患者さんの口腔ケア、画像診断医としてのがん画像診断を私のライフワークの2本柱とすることを心に決めました。

この10数年間、微力ながら続けてきましたが1人の歯科医師としての限界とネットという万人に開かれた情報発信源に大きな可能性(反面怖いのですが)を感じこのブログを立ち上げることしました。

このブログが、がん治療やがんケアに携わっておらる方、がん口腔ケアに興味のある方、患者さん、ご家族との良縁のきっかけになることを願って。。。。
2009.11.吉日
Katsu




私について

クリックして下さい。

本ブログのルール

クリックして下さい。
スポンサーサイト



自己紹介

輪読会資料

2019年05月28日
第三章20190528

第三章後編20190627

第2章から第11章





未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

口腔乾燥症対応マニュアル

2019年03月11日
公益財団法人 がん研究振興財団から助成を頂いておりました
「「がん患者が均質で高い質の口腔支持療法を受けることが可能になる均てん化ツールの開発」
の成果物である
「がん治療における口腔支持療法のための口腔乾燥症対応マニュアル」
が完成しました。

乾燥

このマニュアルは、臨床で使いやすいように、
総論としての評価と対応の他に、
患者のステージや治療別の対応のポイントを記載し、
組織像やアトラス的な写真を多用しています。

粘膜炎評価マニュアル同様に臨床や知識の整理に広く活用して頂ければ嬉しいです。
粘膜


下記よりフリーダウンロードできます。
口腔乾燥症評価マニュアル




口腔乾燥症 | コメント(0) | トラックバック(0)

本当に感謝!!!

2018年12月06日
【お礼のご挨拶】

日本がん口腔支持療法学会第4回学術大会は皆様のサポートのおかげで、
参加者は200人(県外参加者129人)の大変な盛会に終わりました。
本学会の平成最後のトリを務めさせて頂けたのも感無量です。

学術大会は
特別講演 1演題
シンポジウム 2 (シンポジスト8名)
一般口演 21演題
ポスター発表 10演題
ランチョンセミナー 1演題
企業展示 9社
後援団体 6団体
プレス(TeNY) 1社
と大変充実した内容となりました。

大会テーマは「ともに学ぶ がん口腔支持療法」でしたが、学びはあったでしょうか。
わたしは、
特別講演では、患者のがんと診断させるまでの自分との葛藤、がんと診断されたときの気持ちの変化、治療中の様々な理不尽さや患者がその理不尽と戦っていること、ここでは書ききれないほどの学びがありました。
シンポジウムでは各分野の基礎と臨床を学んだだけでなく、口腔支持療法の可能性や将来についての気付きがありました。
一般発表でも発表内容だけでなく、質疑応答の中での学びもありました。

本学術大会は、医療人としての在り方から最新の医学まで幅広く学ぶ場を提供できたのではないかと自負しております。

また、本当に人に恵まれた学会でした。

参加してくださいました皆さま
当日参加者用の抄録150冊に直筆のサインとメッセージを刻んでくれました早川史哉選手
学びとモチベーションを与えてくれましたシンポジストの先生方
充実した学会にするために協力して頂きました一般口演・ポスター発表の演者の先生方活発に討論してくださいました先生方
これからの臨床研究のあり方と日々変貌する臨床研究の最新情報をお教示いただきましたランチョンセミナーの全田先生
本学術大会に華を添えて頂きました企業・団体の皆さま
後援を頂きました International Society of Oral Oncologyの Allan会長ならびに各団体の理事長の先生方
運営にあたり色々と心遣い頂きました理事の皆さま
休日を返上し学術大会の運営をしてくれたスタッフの面々
心から感謝いたします。

本当に感謝ありがとうしかありません。

第5回学術大会は、
2019年11月30日(土)、12月1日(日)に国立がん研究センター研究所 中央病院 上野先生を中心に東病院 小西先生、癌研有明 富塚先生との合同の運営で国立がん研究センター研究所 中央病院で開催されます。

今回同様、皆さまのご協力が頂けますと幸いです。
何卒よろしくお願い申し上げます。


47193935_1333267950149579_8155549996343623680_n.jpg
47368694_1333268016816239_5044796602229719040_n.jpg
47299265_1822800477829264_5768050982999031808_n.jpg
47325020_1333268116816229_6143137099798282240_n.jpg
47571819_1333268066816234_127044028809084928_n.jpg
47310886_1333268220149552_5612735911784611840_n.jpg
47682686_1333268240149550_2154060114808537088_n.jpg
47572343_1333268846816156_4278240812153700352_n.jpg
47473932_1333268946816146_8066815529626632192_n.jpg
47325092_1333268993482808_7925752865002356736_n.jpg
47453985_1333269043482803_1473474752361267200_n.jpg
47218734_206055790300122_498123581071294464_n.jpg
47112783_1948989985221994_1928710087094829056_o.jpg
開会の挨拶と閉会の挨拶では顔が違いますね、あはは(^^;

写真も色々ありますので、各面々に了承が得られましたら、少しずつ増やしていきたいと思います。

本当に、本当に、ありがとうございました!!

日本がん口腔支持療法学会第4学術大会 大会長
新潟大学医歯学総合病院 歯科放射線科 病院准教授
医療連携口腔管理チーム
勝良剛詞


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

日本がん口腔支持療法学会 第4回学術大会@新潟

2018年11月20日
名称未設定-1のコピー

日本がん口腔支持療法学会 第4回学術大会が、いよいよ2週間を切りました。

教室の若手とともに様々な職種の方のサポートを頂きながらの、まさに本学会に相応しい多職種連携での運営です。

本学会の運営において、大会長の私の優柔不断さから一番のトラブルメーカーでして、
皆の適切なアドバイスのおかげで大きなトラブルにならずにいます・汗。。

本学術大会のメインテーマは「ともに学ぶ がん口腔支持療法」です。

特別講演はがんサバイバーのアルビレックス新潟の早川史哉選手にお願いしています。
早川選手は数週間前に奇跡ともいえるプロ復帰果たしました。このタイミングで?と驚きましたが、白血病の闘病から2年が過ぎ、色々経験されたと思います。どの様な話が聞けるか、今からワクワクしています。

シンポジウム1は、がん治療とがん治療医に求められている「がん口腔支持療法」の学びのため、がん治療医としてご活躍されている先生にお願いしています。

シンポジウム2は、本学会員の多くを構成します歯科医師、歯科衛生士、看護師以外の職種の「がん支持療法」を学ぶため、がん支持療法を精力的に取り組まれている薬剤師、栄養士、歯科技工士、言語聴覚士の先生にお願いしました。

この時期の新潟は初冬を迎え少し寒いですが、天候もよく、新酒の出荷、ブリ、ズワイガニ、南蛮エビ、ル・レクチェが旬をむかえます。是非、学びの後は新潟の食と観光をお楽しみください。

当日の参加も受付ております(どなたでも参加できます)。
受付での混乱を避けるためサバイバーの方はサバイバーを証明するもの(お薬手帳、診療明細書、診断書の写し等)を持ってきていただけるとありがたいです。
詳細は以下ホームページの事前参加登録をご確認
第4回学術大会
または事務局にお問い合わせください。
お問い合わせ先: katsu@dent.niigata-u.ac.jp
皆様のご参加を、スタッフ一同心よりお待ちしております。

日本がん口腔支持療法学会 第4回学術大会 勝良剛詞
The 4 th JAOSCC at Niigata city | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »