FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

自己紹介

2020年11月07日
10年以上前の話ですが、私は口腔がんの放射線治療を勉強したく歯学部卒業後約3年間、某医学部放射線科で放射線治療の勉強をさせて頂きました(その後も継続して約10年放射線治療にかかわらせて頂きました)。当時の私の師匠に当たる方は現在、某がんセンターで放射線部長をされています。
この3年間で、私の師匠は治療技術だけではなく、治療中や治療後のがん患者さんの副作用対策の大切さを教えくまれました。
同時期に、がん治療と平行して頭頸部がん患者さんの口腔ケアや歯科治療を行っていた現某国立大学歯科放射線科の教授と出会いました。私はこの教授の知識と人柄にすっかり惚れ込み、以来、歯科医師としてのがん患者さんの口腔ケア、画像診断医としてのがん画像診断を私のライフワークの2本柱とすることを心に決めました。

この10数年間、微力ながら続けてきましたが1人の歯科医師としての限界とネットという万人に開かれた情報発信源に大きな可能性(反面怖いのですが)を感じこのブログを立ち上げることしました。

このブログが、がん治療やがんケアに携わっておらる方、がん口腔ケアに興味のある方、患者さん、ご家族との良縁のきっかけになることを願って。。。。
2009.11.吉日
Katsu




私について

クリックして下さい。

本ブログのルール

クリックして下さい。
スポンサーサイト
自己紹介

がん治療における口腔支持療法のための口腔乾燥症対応マニュアル完成記念講演会

2018年06月12日
7月7日(土) 14:00~
新潟大学歯学部講堂にて、
がん治療における口腔支持療法のための口腔乾燥症対応マニュアル完成記念講演
を開催する運びとなりました。

がん治療において口腔乾燥対策は軽視されていますが、
口腔粘膜炎
口腔感染症
放射線治療後または口腔GVHDでのう蝕
顎骨壊死
の予防において適切に対応することが重要になります。

是非、この機会に学んで明日からの臨床に活用いただき、患者さんの笑顔に結び付けば嬉しいです。

また、当日は研究分担・協力施設のメンバーが参加します。
がん治療における口のサポートについての質問時間を設けますので、
この機会に口腔乾燥以外でもかまいませんので、
臨床での疑問点や悩み等、解決して頂ける機会になれば嬉しいです。

対象は学生から医療者まで幅広く集っており垣根の低い講演会を目指しております。
是非、この機会にお誘いあわせの上、奮ってご参加ください。

何卒よろしくお願いいたします。

PS;参加費無料ですが、事前申し込みが必要になりますので、お気を付けください。

ポスター


仕事日記 | コメント(0) | トラックバック(0)

日本がん口腔支持療法 第4回学術大会

2018年04月06日
日本がん口腔支持療法学会 第4回学術大会を
2018年12月1日(土)・2日(日)
新潟大学医学部学士会 有壬記念会館にて
開催することになりました。


テーマは「ともに学ぶ がん口腔支持療法」で、
治療医は口腔支持療法チームと患者、口腔支持療法チームは治療医と患者、患者は治療医と口腔支持療法チームと、がん口腔支持療法の原点を再確認し、今後の可能性、展望、方向性について熱くディスカッションできる場を提供できたらと考えいます。

企画は、
がんサバイバーからのメッセージ
がん口腔支持療法への期待
がん口腔支持療法の可能性

とし、

「がん口腔支持療法への期待」では、各分野でご活躍されている先生をお呼びし、
それぞれの分野のがん治療と口腔支持療法期待することについてご講演を頂き、
がん治療と今後のがん口腔支持療法研究のヒントを演者から学び、

「がん口腔支持療法の可能性」では、各分野のフレッシュな先生を主にお呼びし、
各分野のがん口腔支持療法での取り組みをご講演を頂き、
演者から学び、演者も学べる機会になればと考えています。

この時期の新潟は初冬を迎え少し寒いですが、
天気もよく、新酒の出荷、のど黒、寒ブリ、秋鮭、ル・レクチェが旬をむかえます。
是非、学びの後は新潟の食と観光をお楽しみください(^^^)/

今後の予定は、
5月:演題募集開始
6月:事前参加登録開始
を予定しております。
興味のある方は、学術大会ホームページをチェック下さい!

日本がん口腔支持療法学会第4回学術大会
学会日記 | コメント(0) | トラックバック(0)

根面う蝕リスクの高い患者さんに対する対応の参考に。。

2018年04月05日
根面う蝕の予防と治療に関する文献をレビューした論文で、
最初に検索された1102論文の中で最後に残った82論文(私の論文カテゴリーは68論文)に私の論文が含まれていたことは大変嬉しいです。
私の論文に対する言及は2行程度ですが、う蝕になりやすい放射線口腔乾燥症患者さんへの有効性なアプローチとして紹介されたのは感無量!!

たぶん、再石灰化に対する唾液補助を考慮した予防戦略は間違いじゃないと思います。

根面う蝕の現状と治療戦略の論文

放射線カリエス | コメント(0) | トラックバック(0)

備忘録

2018年02月18日
とある先生のSNSから、
自分への戒めと、愛する歯科衛生士たちや志一緒の仲間たちに届くように。。
同じ Care Giver、
看護師を歯科衛生士や自分たちの身分に置き換えて読んでもらいたい。
そして、私の様に少しでも心に響いたら嬉しい。。

北海道医療大学名誉教授の石垣靖子先生のご講演から。。

医療は本来、受け手が中心のもの。
今更言うまでもないが、合意形成はきちんとできているのか?
看護師は「アドボケート」。
それは治療を受ける側に身を置くということ

こういう時代だからこそ、ナースは自らの役割を自覚しないと、患者・高齢者を不幸にする可能性がある。
診療の補助だけ、あるいはプラクティスナースなど機能性の拡張が行われる一方で、医師に状況判断を任せ、指示を待つという姿勢でいいのか?

健康であるとは、障害があっても、病気があっても、たとえ終末期にあっても、使わなければならないときに、持っているすべての力を使うことができる、ということ。
看護とは、その人の持てる力(健康な部分)を最大限に引き出すことである。
最期の最期まで、その人の内にある健康な力、残された機能をよく見定め、その力を充分に使って生を全うできるよう、生活過程を整えていくのが、ナースの役割であるはずだ。


コミュニケーションにおいて最も重要なのは非言語の領域。
最近の病院は事務職から医師・看護師までみんながマスクをしているが、本当にそれは必要なのか?
非言語コミュニケーションを難しくすることの弊害を評価する必要はないのか?


医療現場において、患者は普通の人でないことを強いられている。
患者は患者らしくあれ、という無言の圧力をかけてはいないか?


医療者は臓器ではなく人間を診る専門職のはずだ。


そして、どんな状況においても「これ以上することはない」は禁句。
これは医療者としての恥。
患者の人生は死ぬまで続く。


You matter because you are you.
あなたは、あなただから大事なのです。
患者を我慢する「Patient」ではなく、かけがえのない一人の「Person」であるように挑戦すること。


できない理由を考えるのではなく、何をすべきか、何ができるかを考え続けること。
これは、困難を伴うが非常に大きな価値のあることであるはずだ。


「年をとるときに、上手に「頼る」ことが重要。
それは人でなくてもいい。機械やAIでもいいかもしれない。
でも、それをできるようにしておかないと自立はできない。」

ごもっともです。

私は直接 拝聴していないが、
志が一緒の新潟の面々と、一度は聞いてみたいと切に思います。

ありがとうございました!!

仕事日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。