FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

自己紹介

2020年11月07日
10年以上前の話ですが、私は口腔がんの放射線治療を勉強したく歯学部卒業後約3年間、某医学部放射線科で放射線治療の勉強をさせて頂きました(その後も継続して約10年放射線治療にかかわらせて頂きました)。当時の私の師匠に当たる方は現在、某がんセンターで放射線部長をされています。
この3年間で、私の師匠は治療技術だけではなく、治療中や治療後のがん患者さんの副作用対策の大切さを教えくまれました。
同時期に、がん治療と平行して頭頸部がん患者さんの口腔ケアや歯科治療を行っていた現某国立大学歯科放射線科の教授と出会いました。私はこの教授の知識と人柄にすっかり惚れ込み、以来、歯科医師としてのがん患者さんの口腔ケア、画像診断医としてのがん画像診断を私のライフワークの2本柱とすることを心に決めました。

この10数年間、微力ながら続けてきましたが1人の歯科医師としての限界とネットという万人に開かれた情報発信源に大きな可能性(反面怖いのですが)を感じこのブログを立ち上げることしました。

このブログが、がん治療やがんケアに携わっておらる方、がん口腔ケアに興味のある方、患者さん、ご家族との良縁のきっかけになることを願って。。。。
2009.11.吉日
Katsu




私について

クリックして下さい。

本ブログのルール

クリックして下さい。
スポンサーサイト
自己紹介

がん治療で起こる副作用・合併症の治療法と薬剤開発

2018年09月03日
福島県立医科大学 白河総合診療アカデミー 准教授、
白河厚生総合病院 総合診療科 部長
東 光久 先生と共同執筆としてお仕事させて頂いた
「がん治療で起こる副作用・合併症の治療法と薬剤開発」が発刊されました。
1959 表紙
東先生との出会いは本当に奇遇でしたが、
この後も色々とお世話になり、引き合わせて頂いたO氏には感謝です。

私は、
第1章:がん化学療法で起こる合併症・副作用の病態と実臨床での具体的対処法
第7節:口腔粘膜炎 ・口内炎を担当しました。
ここでは、放射線、抗がん剤、分子標的薬、免疫チェックポイント阻害剤の粘膜障害の病態と対応について、
現時点で理解されている機序、対応だけでなく、今後の課題について最新の知見を踏まえつつ述べさせて頂きました。
別刷表紙データ


この本は、ご高名な執筆陣、幅広いコンテンツで構成され、
8万円と少々お高いですが、法人価格3万円ですので、
医局に1冊持っていて損は無いような気がします。
特に、第2章の放射線治療の項目は目から鱗でお勧めです。
第2章 放射線治療で起こる副作用の病態と実臨床での具体的対処法

久しぶりの推薦図書です。
試読も可能ですので、是非、現物をお手に取って頂き、評価して頂けると幸いです。




仕事日記 | コメント(0) | トラックバック(0)

ISOO Newsletter, August 2018

2018年09月01日
INTERNATIONAL SOCIETY OF ORAL ONCOLOGY (ISOO)の8月のニュースレターに、
第4回学術大会の紹介と大会長からのメッセージが掲載されました。

ISOO Newsletter, Aug 2018

クリック

この様な著名な学会で紹介して頂けること大変嬉しく思います。
The 4 th JAOSCC at Niigata city | コメント(0) | トラックバック(0)

日本がん口腔支持療法 第4回学術大会

2018年08月23日
日本がん口腔支持療法学会(JAOSCC) 第4回学術大会の大会長という重責を担い、
どうなるのかと思いつつ、
周りのサポートで大変よい方向に向かっているよう様な気がします。
本当に周りの皆には感謝しかありません。
ありがとうございます!!

本学術大会もInternational Society of Oral Oncology(ISOO)の後援を得ることができました。
後援の快諾は7月に得ていたのですが ISOO Presidentの Allan先生のサインがなく正式な報告が遅くなりました。

サインなし。
JAOSCC-Support-Letter-2018_201808232207216c8.jpg

サインあり。
名称未設定-1

Allan先生とのやり取りで、
JAOSCCへの期待
日本での開催するMASCC/ISOOに対する熱い想い
等をお聞かせ頂き、
大変有意義なディスカッションができた気がします(私は英語が苦手ですので勘違いでなければよいのですが・汗)。

大変有難いことに、
新潟県歯科医師会
新潟県歯科衛生士会
日本がんサポーティブケア学会
日本造血細胞移植学会
日本歯科放射線学会
からの後援も頂いております。

また、まだホームページでのアナウンス前ですが、
すでに幾つかの企業からの展示希望も頂いています。
この場を持ちまして、感謝申し上げます。

第4回学術大会では事前登録および演題募集も始まっております。
多数のご参加およびご発表を宜しくお願い申し上げます。

日本がん口腔支持療法学会 第4回学術大会
勝良剛詞
The 4 th JAOSCC at Niigata city | コメント(1) | トラックバック(0)

がん治療における口腔支持療法のための口腔乾燥症対応マニュアル完成記念講演会

2018年06月12日
7月7日(土) 14:00~
新潟大学歯学部講堂にて、
がん治療における口腔支持療法のための口腔乾燥症対応マニュアル完成記念講演
を開催する運びとなりました。

がん治療において口腔乾燥対策は軽視されていますが、
口腔粘膜炎
口腔感染症
放射線治療後または口腔GVHDでのう蝕
顎骨壊死
の予防において適切に対応することが重要になります。

是非、この機会に学んで明日からの臨床に活用いただき、患者さんの笑顔に結び付けば嬉しいです。

また、当日は研究分担・協力施設のメンバーが参加します。
がん治療における口のサポートについての質問時間を設けますので、
この機会に口腔乾燥以外でもかまいませんので、
臨床での疑問点や悩み等、解決して頂ける機会になれば嬉しいです。

対象は学生から医療者まで幅広く集っており垣根の低い講演会を目指しております。
是非、この機会にお誘いあわせの上、奮ってご参加ください。

何卒よろしくお願いいたします。

PS;参加費無料ですが、事前申し込みが必要になりますので、お気を付けください。

ポスター


仕事日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。